花粉症?風邪?喉が痛くなる原因、対策、治療方法

喉が痛い

スマ診ならスマホ1つで花粉症治療が出来ます

花粉症の症状として鼻炎症状だけでなく、喉(のど)の痛みを感じたり、咳が出たりすることがあります。
これら症状は花粉症が原因の場合と、風邪などによる場合があります。

ここではその見分け方と対処法について見ていきます。

花粉症で喉が痛む原因

花粉症では「くしゃみ」「鼻水」「鼻詰まり」の3つの鼻炎症状に「目のかゆみ」を加えた4大症状が最も特徴的です。
しかし、のどの痛み・咳に悩まされている方も少なくありません。

その原因としては、「鼻詰まり」のため鼻呼吸ができず、口呼吸になっていることが考えられます。

花粉は喉を通ることで、喉にアレルギー反応を起こしますが、口呼吸になっていると鼻呼吸より花粉が喉に入りやすくなります。
また鼻呼吸にくらべ口呼吸は、雑菌やウイルスなどを容易に体内に侵入させてしまいます。
唾液の分泌量も減るので、口腔内が乾燥し、喉にダメージを与えます。

もう一つは「鼻水」による【後鼻漏(こうびろう)】です。
後鼻漏とは、鼻水が喉に流れ込むことを言います。
これにより、喉の痛みや炎症が起きます。

喉が痛い

喉の痛み~風邪との見分け方~

実は、のどの痛みの原因、あるいは今、自分が花粉症?風邪?インフルエンザ?なのかを特定するのはなかなか難しいです。

多くの場合、花粉症は「くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目のかゆみ」が特徴で、風邪のような「発熱・頭痛・咳・倦怠感」などは起こりにくいのですが、これらも頻度は低いながら、全て花粉症でも起こり得ます。

ただ、傾向として、くしゃみは花粉症の方が激しく連続的、鼻水は花粉症では無色で水っぽく粘性が低いです。
風邪では3~4日目以降は粘性が高く黄・黄緑色を帯びるなどの特徴があります。

熱は花粉症では基本的には無いですが、あってもごく微熱です。
風邪では微熱~中程度。
A型・B型インフルエンザでは高熱になります。

目のかゆみは花粉症の特徴です。
のどの痛み・咳に目のかゆみが加わっている場合は花粉症の可能性が高いです。
さらに、外出後に症状が強く出る場合は花粉症の可能性がさらに高まります。

決め手になるのは「症状の持続期間」です。
風邪やインフルエンザは6日~10日で治まりますが、花粉症の場合2ヶ月~3ヶ月以上続きます。
そして、毎年同じ時期に発症します。

  花粉症 風邪・インフルエンザ
なし~微熱 微熱~高熱
倦怠感 なし~微弱 強く出る
喉の痛み・咳 なし・あり あり
くしゃみ 止まらないほど頻繁 単発的
鼻水 低粘性・無色 後半は粘性高く、有色
鼻づまり あり あり
目のかゆみ なし・あり なし
持続期間 1~3ヶ月超 6日~10日

しかし、花粉症と感染症(風邪やインフルエンザ)を同時に発症することは十分あり得ます。

花粉症が疑われる場合はアレルギー検査を行うことが一番です。

なにがアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす物質)なのかは、採血をするだけで簡単に分かります。
検査によっては30項目以上の物質を一度の検査で確認できるものもあります。

花粉症で言えば、スギ・ヒノキ・ブタクサ・シラカバ・ヨモギ・ハンノキ・ハルガヤ・カモガヤ・オオアワガエリ、などのどれに反応するかを診断できます。
注射を行わないパッチテストもあります。

スマホでネット診察 花粉症専門ネット診察 スマ診

喉の痛み・咳を和らげる薬物治療 ①(抗ヒスタミン薬)

まず、アレルギー症状の鎮静を目指します。
くしゃみ・鼻水には「抗ヒスタミン薬」がよく効きます。
鼻水が抑えられれば前述の「後鼻漏(こうびろう)」を解決できます。

抗ヒスタミン薬には「第1世代抗ヒスタミン薬」と「第2世代抗ヒスタミン薬」があります。

第1世代は作用が強力な反面、眠気などの副作用も強く出ます。
市販薬では「マレイン酸カルビノキサミン」含有の「パブロン鼻炎カプセルSα」、「クロルフェニラミンマレイン酸塩」配合の「アネトンアルメニティ鼻炎薬」「鼻炎薬Aクニヒロ」などがあります。
クロルフェニラミンマレイン酸塩の処方薬には「ポララミン」というものがあります。

第2世代抗ヒスタミン薬は、効力はおおむね継承しながら、眠気などの副作用を大幅に抑えたお薬で、最近はこちらがよく使われます。
こちらはコスト面から言っても病院で処方してもらうものが主になります。
「アレロック」「ザジテン」「タリオン」「クラリチン」「デザレックス」「ビラノア」などたくさんの選択肢があります。
市販薬では「コンタック鼻炎Z」「ストナリニZ」「アレジオン20」「アレグラFX」「アレルビ」などがあります。

喉の痛み・咳を和らげる薬物治療 ②(抗ロイコトリエン薬)

鼻詰まりを解消するのに効果が高いものに「抗ロイコトリエン薬」があります。
鼻詰まりを起こすことが「花粉症ののどの痛み」に大きくかかわっていることはすでに述べた通りです。

「抗ヒスタミン薬」は、くしゃみ・鼻水には効果大ですが、鼻詰まり症状はやや不得手。
そこに抜群の効果を示すのが「抗ロイコトリエン薬」です。
逆に、抗ロイコトリエン薬はくしゃみ・鼻水領域は苦手としています。

この2つの薬は併用しても問題ありませんので、2剤を服用して鼻炎症状、ひいては喉の症状を緩和することができます。

抗ロイコトリエン薬には、モンテルカストを成分とする「シングレア」「キプロス」、プランルカストを成分とする「オノン」があります。

薬を飲む

喉の痛みに効果的な対策

まず、前述の「鼻づまり解消-鼻呼吸を可能にする」アプローチと、「鼻水軽減-後鼻漏を防ぐ」アプローチが重要です。
それは基本的には「抗ロイコトリエン薬」「抗ヒスタミン薬」を使うわけですが、他にもできることはあります。

鼻詰まり解消に、血管収縮作用を持つ点鼻薬を使用する方法があります。
しかし、これは緊急避難措置で、
10日以上の連用はかえって症状を重くしてしまいます。

ステロイドを内服することも考えられますが、これも長期はムリです。
ステロイドの点鼻薬はある程度使い続けることができるので、選択肢になってくるものではあります。

鼻を蒸しタオルで温める方法もあります。
生理食塩水を鼻腔内に通す「鼻うがい」という方法もあります。

喉の痛みや咳そのものには、全体としての花粉症そのものを何とかしないといけないわけですが、簡単に行える対策として、のど飴やトローチ・喉スプレーもよいかと思います。

花粉症での喉の痛みの薬物治療は、すでに述べた通り、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬を使うのが第一です。
しかし、気管支を傷めてしまっている場合、頭痛や発熱時に使う鎮痛解熱剤を使うことにより一時的に痛みを回避することができます。

加湿器で保湿することにより、のどの痛みを軽減することができますので、それらを使って室内の湿度を上げるのも重要な対策です。

保湿という観点では、マスクも効果があります。

マスク

マスク

マスクは花粉の侵入を防ぐとともに、喉を保湿する役割も担います。
自分自身の呼気によって保湿できるわけです。
保湿の意味では、マスクの種類はあまり問われません。

花粉の侵入という点では、どのマスクでもフィルター基準は満たしていると思われますので、あまり気にする必要はないかと思いますが、花粉は細かく砕けていることも考えられるので、できるだけ微細な粒子を侵入阻止できる方が頼もしいです。

粒子の大きさ

物質 大きさ
ダニ 100~200㎛
ダニの糞の粒 10~40㎛
花粉 25~40㎛
くしゃみの飛沫 5㎛
一般的なマスクの穴 5㎛
ウイルス 0.1㎛

マスクの花粉症に対する有効性はかなり高いと言えるでしょう。
花粉がマスクのフィルターを通り抜けるということはあまりありません。

それよりも、「顔とマスクの隙間」が重要です。
どれだけマスクの遮断効率が高くても、マスクの隙間から花粉が入っては意味がありません。
鼻周辺と頬の部分の隙間から花粉が侵入しやすい傾向にあります。
そのため、市販マスクを用いる上では、フィルターの性能より、どれだけ自分の顏-口元のラインにフィットするかを第一に考えるべきです。

そして、長時間付けていても呼吸が困難でない、ヒモのかかる耳が痛くない、などの要素に注目してください。
着用してて疲れ果てるというのでは問題です。

漏れ率が小さいものは息苦しいという相関関係は確かにあるものの、ここは個人差が大きいです。

マスクへの最初の投資は必要経費だと思ってください。
2,000円~3,000円くらい投入して、どのマスクが自分に適しているか試してみてください。
その見返りは十分にあります!

通常のマスクは安価なものです。
1枚5.9円というものから、高いものでも数十円です。
なので、ぜひ「使い捨て」なさってください。

同じマスクは1日以上着けているものではありません。
そのあたりを念頭に、ご自分に合ったマスクを有効に利用していただければと思います。

スマホでネット診察 花粉症専門ネット診察 スマ診

花粉を水に変えるマスク「ハイドロ銀チタンマスク」

花粉・ハウスダスト・カビ・ウイルスなどのタンパク質を水に変えるマスクがDR.C医薬から発売されました。
マスクに付着する花粉等のタンパク質を分解変化させ、水に変えるという画期的なものです。

DR.C医薬公式サイトには以下のような記述があります。

Point 1)花粉・ハウスダスト等のタンパク質を分解
Point 2)汗、ニオイ・不衛生タンパク質を分解するので数日間使用可能
Point 3)分解作用は水分子レベルでの変化なのでマスクが濡れたり、湿ったりすることはありません

分解力・レギュラー 分解力・ストロング 分解力・ウルトラストロング
+4 +6 +10
花粉対策 花粉ピーク対策 花粉・ハウスダスト対策
くもり止めなし/あり くもり止めなし/あり くもり止めなし/あり

※+4、+6、+10はハイドロ銀チタン®️の濃度を示しています。

非常に使い心地がよいとの評判ですが、唯一最大の欠点は、「高い」ということです…

シリーズ中一番安価と思われる「花粉を水に変えるマスク ハイドロ銀チタンマスク 花粉対策+4普通サイズ3枚入り」でさえAmazon価格で1,057円します。
つまり、1枚352円。
+10なら1枚1,000円以上です。

今後の動向を見守りたいと思います。
ですが、本当に画期的なものかもしれません。

空気清浄機

室内環境

花粉症で喉が痛い…
それは花粉に接触しているからです。
部屋の中に花粉を持ち込まないようにしましょう。
外出後、帰宅時には服や髪に付いた花粉を丁寧に払い落としてください。

それでも室内に入り込んだ花粉に対しては、加湿機能付き空気清浄機を利用するがおすすめです。
加湿すると、空気中に漂う花粉に水分が付着し、花粉は重くなって床に落ちます。
その花粉を朝いちばんにモップなどの方法で水拭きしてみてください。
効率よく花粉を収集できます。

できれば床は、モップを使えるフローリングにすることが理想です。
じゅうたんや畳に溜まった花粉を取り除くのは少々困難であるからです。
でも、朝の掃除は確実に行っていただきたいと思います。

空気清浄機と掃除機は、フィルターの性能が重要です。
フィルターのろ過率の基準に「HEPAフィルター」「静電HEPAフィルター」「TAFUフィルター」という規格があります。

「HEPAフィルター」は、JIS規格で「定格流量で粒径が0.3マイクロメートルの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルター」と、定義されています。
「静電HEPAフィルター」は静電気を利用して、よりフィルターに吸着しやすくしたHEPAフィルターです。
「TAFUフィルター」は静電HEPAフィルターと同じ集塵力を有しながら集塵能力の低下を抑えたものです。

使用開始から10年後の集塵性能はHEPAフィルターが50%なのに対し、TAFUフィルターは72%の集塵能力を保ちます。
価格もそれほど高くはないので、できるだけ良いものを導入したいですね。

空気清浄機の置き場所

花粉の侵入経路の最大のものは「玄関」です。
まず、玄関に入る前に扉の外で花粉を払い落しましょう。
それでも花粉は侵入してきますので、玄関にまず1台空気清浄機を置きましょう。
できるならそれに次いで「寝室」「リビング」にも置ければベストです。

空気清浄機の選択ポイント

空気清浄機を選ぶ際は、まず大出力であることに注目してください。
「空気を取り込む能力が高いもの」という意味です。
この場合「大は小を兼ねる」がそのまま適用できます。
つまり、実際の床面積より大きな対象畳数の空気清浄機を置きたいということです。

加湿機能を使う場合は、給水は手動なので、持ち運べるかどうか、給水場所で無理なく吸収できるサイズ・形状であるかを比較してください。
また、フィルターの自動掃除機能がついているものは使い勝手がいいです。
通常2~3週間でプレフィルターを掃除機や水で洗浄しなければなりませんが、自動掃除機能がついているタイプなら1年に1回の交換で済みます。
日立やシャープ製の一部機種で採用されています。

スムージー

口腔アレルギーについて

花粉症患者の中には、特定の果物や野菜を食べると口や喉がイガイガする・痛みがする人がいます。
これは口腔アレルギーという症状です。

口や喉の痛み・不快感。咳や喘息症状、呼吸困難、激しい場合はアナフィラキシーショックを起こすこともあります。
この症状は、果物や野菜の組織構造が花粉に似ていることから起こります。

「食物アレルギー」ではじんましんや腹痛・下痢など全身の症状が出ますが、この「口腔アレルギー」では、たいていの場合、口やのどの症状しか出ません。
また、「口腔アレルギー」のアレルゲン(アレルギー物質)は熱に弱く、加熱した果物・野菜では症状が出ないことも多くあります。

シラカバなどカバノキ科、ブタクサ・カモガヤなどのイネ科、ヨモギなどキク科は、それぞれ多くの果物・野菜に反応します。
スギ科のスギ・ヒノキでは「トマト」で口腔アレルギーが出ることが知られています。

口腔アレルギーになってしまった場合、最も良いのはアレルギーの原因となる食物を食べないことです。
どうしても食べたい場合、抗ヒスタミン薬を服用しておくか、加熱処理をしてください。

最新の治療法 「舌下免疫療法」

花粉症の根本療法「舌下免疫療法」

薬での花粉症対策は「ケミカルメディエーター遊離抑制薬」「抗ヒスタミン薬」「抗ロイコトリエン薬」などを使うのが一般的です。
しかしこれらは「対症療法」であって、根本原因である花粉症自体を治すものではありません。

唯一、花粉症の抗本療法となるのが「免疫療法(減感作療法)」です。
従来は注射で行っていましたが、2014年に舌下にエキスを浸透させる「シダトレン」が日本で発売されました。
すべての花粉症に対応しているわけではなく、現在はスギ花粉のみの適用となります。

免疫療法とは、アレルゲンをごく少ない量から体内へ入れていき、身体に耐性をつける方法です。
皮下注射による方法では1960年代から行われていました。
しかし注射の場合、痛みがあることと、通院が大変なため、舌下法は画期的であると言えます。

治療は、シダトレンを舌の裏へ垂らし、2分間浸透をさせたのち飲み込む、という形で行われます。
2回目以降は毎日自宅で行います。

20%の人が完全治癒し、おおむね80%の人が効果があると感じられる状態になります。
残念ながら、20%の人には効果が感じられないようです。

デメリットは、2年以上の長期にわたって根気よく治療を続けないといけないことと、スギ花粉最中の時期には行えないことです。
治療開始時期は6月~12月になります(最低3ヶ月は続けないと効果を感じられません)。

現在、花粉症の根本治療はこの方法だけです。

スマホでネット診察 花粉症専門ネット診察 スマ診

まとめ

喉の痛みが続く場合、原因が何であるかを知ることが大切です。
ご紹介してきたような方法である程度は判別できますが、確実に原因を特定するにはアレルギー検査が必要になってきます。

花粉症で喉が痛む場合、鼻詰まりで「口呼吸」になっていることと、鼻水による「後鼻漏」が起こっていることが原因として挙げられます。
鼻詰まりには「抗ロイコトリエン薬」、鼻水には「抗ヒスタミン薬」がよく効きます。

また、花粉との接触を最低限にするため、マスクや室内環境を整えることも重要です。

以上のような対策でずいぶん快適に暮らせるようになるとは思いますが、のどの症状がひどい場合は耳鼻咽喉科で診てもらうのが安心です。
原因を特定し、多面的に対応していきましょう。

ただ、忙しくて病院に行くのは、なかなか時間が取れない…
花粉症で仕事を休んで病院に行くこともなかなか出来ないし、花粉症の時期は病院がとても混むので長時間待たされるのも嫌ですよね。
さらに、花粉症の治療で病院に行ったのに、病院で風邪やインフルエンザに感染してしまうことも多々あります。

どうしても病院にかかる時間がない方には、スマホで医師に診断してもらえる「花粉症オンライン診療 スマ診」がおすすめです。
スマ診は、24時間いつでも受付してますので、自宅や職場、通勤電車の中など、どこでも医師に相談、診察してもらい、自分にあった薬を処方してもらえるサービスです。

皆様の花粉症対策の知識に少しでもお役に立てましたでしょうか?
今年もしっかり花粉対策していきましょう!

スマ診ならスマホ1つで花粉症治療が出来ます。