スマホでネット診察 スマ診

絶対に負けられない戦いがある貴方に!目指せベストパフォーマンス!

抗インフルエンザ薬の予防投与

絶対に負けられない戦いがある貴方に!目指せベストパフォーマンス!抗インフルエンザ薬の予防投与

1日750円〜の
インフルエンザ予防!

いますぐ受付を開始する

※スマ診サービスの利用は18歳以上の方に限ります。

無料相談はこちら

※お薬や疾患の相談は無料です。相談につきましては、
提携先のミナカラにて無料相談いただけます。

スマ診の使い方

かんたん操作でスムーズに診察が受けられます

受験生の約7%
受験当日に体調不良

当日体調不良により受験できなかった
別室で受験を受けて、自分の本来の力を出せなかった
などの理由で、受験に大きな影響を与えたことが
判明しています

受験生の約7%が受験当日に体調不良

※2016 年度センター試験 当日欠席率:7.6%
(独立行政法人大学入試センター調べ)
※2016年度東京都立高等学校入試 当日欠席率:5.6%
(東京都教育委員会発表資料)

最も困るのは
インフルエンザ

インフルエンザにかかってしまった場合、
多くの学校では日程の変更や別室での対応となります
しかし別室での受験となっても、
受験する当人は辛い症状のまま
受験に臨まなければなりません
それでは本来の力を出すことは難しく、
お子様のプレッシャーも倍以上です

インフルエンザの
対策方法

インフルエンザにかからないために、まずは生活環境の見直し・改善が必要となります
そして中でも一番効果があるとされているのは、ワクチンによる予防接種です
毎年多くのかたが、ワクチンによる予防接種を受けています

  • 予防接種
    ワクチンの
    予防接種
  • 手洗い・うがい
    手洗い・
    うがい
  • 十分な睡眠・栄養摂取
    十分な睡眠・
    栄養摂取

今年はワクチンの供給量が
例年に比べて非常に少ない

受験生なのに予防接種が受けられない?

インフルエンザワクチン

インフルエンザ予防のために、ワクチンによる予防接種を行う方が一番多いとされる中、今年のワクチンは例年に比べ製造数が非常に供給量が少なく、すでに足りないであろうとの見通しが出ています。
数が少ないため予約を受け付けられない病院も多数存在するという話も耳にします。
さらに厚生労働省は、13歳以上に至っては1回の摂取までを訴えています。これは受験真っ只中の子供も例外ではありません。また高齢者の方を優先させる病院も多く、受験生だからと言って接種回数を増やしてもらうなどは難しい状態です。

インフルエンザワクチン

最低限の予防対策で対応するしかない?

受験生の子供を持つ親としては不安

ワクチンが足りない。予防接種が受けられない。
となると、受験生の子供を持つ親としては不安でたまりません。
なにせ、手洗い・うがい・食事と睡眠管理だけでインフルエンザを予防しなければいけません。
加えて、インフルエンザの感染力は強力で、家族の誰かがかかると家庭内でどんどん感染してしまいます。子供だけでなく、家族全員がインフルエンザにかからないことで、子供を守る必要があるのです。
しかしそれを手洗い・うがい・食事だけで、果たしてどれだけ予防できるでしょうか。

受験生の子供を持つ親としては不安

まずは親のインフル
エンザ予防
が大切

  • 8シーズンの罹患者と
    その家族数による
    家庭内感染率

    21.5%
  • インフルエンザAにおける
    感染経路の家庭内感染による
    第2感染者数

    49.7%

    6歳以下
    33.0%

    7〜12歳
    10.5%

    13歳以上
    6.2%

※参考:日本臨床内科医会インフルエンザ研究班
インフルエンザの家庭内感染

親が予防をすることで、
お子様への感染を90%程度防げる

インフルエンザの家庭内感染率は20%を超えます。
また、親が第1感染した場合の第2感染経路の50%近くがお子様です。
このことから分かるように、お子様の受験合格のために、まずは自分たちがインフルエンザにかからないことが大切です。親が予防をすることで、お子様への感染を90%程度防ぐことができると言われています。
もしもあなたがインフルエンザにかかってしまい、それを受験直前のお子様にうつしてしまったら?
それでお子様の受験に影響が出てしまったら?
そんなことにならないよう、まず受験生の周りで生活する大人の親や家族が、インフルエンザ予防をしっかり行うことが大切です。

抗インフルエンザ薬の
予防投与
をご存知ですか?

家庭にインフルエンザを持ち込まないことが
重要だと分かっているのに
今年はワクチンが足りないという、非常に困った状態です
そうした現状の中「抗インフルエンザ薬」の
投与による予防方法が注目を浴びています

インフルエンザ予防接種と抗インフルエンザ薬の予防投与

基本はこちらを使用

インフルエンザ
予防接種
(ワクチン注射)
効果期間

予防接種を打ってから2週間は抗体を作る期間なので、ワクチンの効果は得られません。
体内で抗体を作る期間後、5ヶ月の間効果を発揮します。ワクチンの効果は「本来かかってしまうはずの人のリスクを約60%ほど低下させる」と言われておりますが、完全ではありません。

※アステラス製薬 予防対策 インフルエンザワクチンの接種 参照

インフルエンザ予防接種

費用
■65才以上の高齢者
無料〜2,000円程度
■6か月〜13歳未満
6,000円〜7,000円程度 ※2回接種
■13歳以上〜成人
3,000円〜5,000円程度(10割自己負担)

短期的に使用する手段

抗インフル
エンザ薬予防投与
(服用薬)
効果期間

服薬開始から、服用している期間(10日間なら10日間)に効果がみられます。服用をやめると効果は消えます。海外の報告では抗インフルエンザ薬予防投与の有効率については74%〜85%程度と言われております。

※参考:N Engl J Med. 1999 Oct 28;341(18):1336-43.

抗インフルエンザ薬予防投与

費用
■10日間
5,000円〜10,000円(自費診療のため医療機関によって異なります)

抗インフルエンザ薬の
用法・容量

  • 抗インフルエンザ薬
    抗インフルエンザ薬を使用します
  • 服用
    抗インフルエンザ服用薬の場合1日1回10日間服用します
  • 成人が服用
    受験生のまわりの親などの
    成人が服用します

安心の定額サービス

スマ診は健康保険を使用しない「自費診療サービス」ですが、ご安心ください。
診療プランごとに定額で、保険診療とほとんど変わらない自己負担で治療を受けることが可能です。

処方薬 用法容量 価格
抗インフルエンザ薬(服用) 1日1カプセル 7,500円
抗インフルエンザ薬(吸入) 1日1吸入 7,800円~9,800円

※必要なお薬の決定は医師が行います。
※料金には、「診察料」「薬剤料」「システム利用料」「配送料」が含まれます。
※抗インフルエンザ薬の種類、使い方などは医師にお尋ねください

スマ診でインフルエンザ対策

1日600円〜のインフルエンザ予防!

スマ診

忙しくて受診できないあなたへ。自宅が、職場が診察室に!
対面診療を補完する、遠隔医療サービス「スマ診」誕生!

いますぐ受付を開始する

※スマ診サービスの利用は18歳以上の方に限ります。

  • ※ネット診察は、対面診察との組み合わせが必要になります。医師の指示に従ってください。
  • ※本サービスは医薬品のネット販売ではなく、法令に基づき実施される遠隔医療サービスです。
  • ※我々は医療機関ではなく、診察は提携医療機関の医師が行います。
    我々は、医師と患者をつなぐコミュニケーションのシステムを提供するベンダーです。
    遠隔診療は、対面診療を保管するものであり、医師には、テキストや動画チャット等と対面診療を適切に組み合わせて診療を行ってもらうことをお願いしております。

無料相談はこちら

※お薬や疾患の相談は無料です。相談につきましては、
提携先のミナカラにて無料相談いただけます。

スマ診って何?

アレルギー/ 花粉症 / インフルエンザ予防

医師

新しい診察のカタチ、スマホ一つでネット診察ができる診療サービスです。
オンライン上で(※)実際の診療に準じた診断や経過観察を行い医療機関へ適切な経路で納入された医薬品をお手元にお届けいたします。

ネット診療について

※ネット診察は、対面診察との組み合わせが必要になります。医師の指示に従ってください。

医師

診察がスマホ

手軽にカンタン、診察がスマホで

診察がスマホ

問診・診察・診断・決済・お薬の配送がスマホ上で。
いつでも、どこでも、時間と場所を選ぶことがないので、診察のために休みを取る必要は有りません。
医師は、診療上の必要性を勘案しながら、オンライン診察と実際の医療機関を受診しての診察の組み合わせをご提案いたします。

スマ診での診察について

※スマ診を用いた診療は、対面診療と組み合わせることでご利用いただけます。
診療内容や患者様の状態によって、初診・再診に関わらず対面診療が必要になる場合がございます。

必要なお薬は自宅へ配送

薬

仕事や子育てで忙しくてなかなか病院に行けないという方や、診察が終わったのに、近くの薬局を探して、そこでまた待って…そんな待ち時間のストレスなど、病院での受診に対する不満などはありませんか?
スマ診は、医師による適切な治療と薬剤師によるフォローアップをスムーズに実現し、治療のために必要なお薬をご自宅まで配送します。
診察料にはお薬代も含まれていますので安心です。

薬

大阪府スタートアッパー事業受賞・OSAP採択

大阪府スタートアッパー事業受賞
ビジネスモデル
さらにOIHシード
アクセラレーションプログラム
OSAP採択

大阪府スタートアッパー事業受賞・OSAP採択

「病院・クリニックに行きたいけれど行けない」
「または恥ずかしくてなかなか相談できない…」
そんな悩みを解決するサービスです。適切な対面診療と組み合わせることでオンライン上での医師とのやりとりで、自宅または指定場所に薬が届く仕組みをデザインいたしました。

エキスパートが
診察に臨みます

各分野のエキスパートであるドクター陣に、
直接相談ができるから安心です。

正しい用法用量・医師との
相談が大切です

抗インフルエンザ薬の予防目的での使用法や用量は、治療の場合と異なるので十分な注意が必要です。

とってもカンタン!ご利用までの3STEPとってもカンタン!ご利用までの3STEP

ご用意いただくものご用意いただくもの

まずはスマ診に必要なもの
3つをご用意ください。

  • クレジットカード

    クレジットカード

  • 本人確認書類

    本人確認書類

    免許証、保健証などの公的書類

  • Googleアカウント

    Googleアカウント

    取得方法はこちら
    Google アカウントの作成

STEP1かんたんユーザー登録

  • 01まずはかんたんユーザー登録

    専用フォームよりお客様情報を入力し、登録申請を行います。

  • 02診療内容を選択

    お客様の診察したい内容を選択してください。

  • 03クリニックを選択

    診療内容を元に、担当ドクターのいるクリニックが表示されます。受診したいクリニックを選択してください。

STEP2診察開始

  • 01問診

    スマホで簡単な問診を行います。この問診内容を元に、ドクターが診療を行います。

  • 02診察開始

    ドクターと直接やり取りをして、診察を行います。
    またビデオチャットや写真などで、情報のやり取りも行うことが可能です。

  • 03診断

    ドクターが問診結果・相談内容を元に診断いたします。

  • 04お薬を処方

    診断結果を元に必要なお薬が処方されます。

STEP3決済

  • 01決済

    決済画面にてクレジットカード決済を行なってください。

  • 02配送

    事務局の確認が完了後、指定先の住所にお薬が配送されます。

スマ診でインフルエンザ対策

1日600円〜の
インフルエンザ予防!

スマ診

忙しくて受診できないあなたへ。自宅が、職場が診察室に!
対面診療を補完する、遠隔医療サービス「スマ診」誕生!

いますぐ受付を開始する

※スマ診サービスの利用は18歳以上の方に限ります。

  • ※ネット診察は、対面診察との組み合わせが必要になります。医師の指示に従ってください。
  • ※本サービスは医薬品のネット販売ではなく、法令に基づき実施される遠隔医療サービスです。
  • ※我々は医療機関ではなく、診察は提携医療機関の医師が行います。
    我々は、医師と患者をつなぐコミュニケーションのシステムを提供するベンダーです。
    遠隔診療は、対面診療を保管するものであり、医師には、テキストや動画チャット等と対面診療を適切に組み合わせて診療を行ってもらうことをお願いしております。

無料相談はこちら

※お薬や疾患の相談は無料です。相談につきましては、
提携先のミナカラにて無料相談いただけます。

スマ診には
選ばれる理由がある

よくあるご質問

無料相談はこちら

トップに戻る